MENU

20年の信頼と実績と忘れっぽさによるミス

どーも!
マルメです!

20年積み上げてきた信頼と実績。

それを自分の忘れっぽさによってそれを途絶えさせてしまう私。

私が書いています
  • 三姉妹(小3・年中・3歳)の父
  • 夫婦ケンカ0が自慢
  • 家訓は【遊び心を忘れない】
  • 占いによるとクソ真面目な子煩悩
  • だけど笑わせることが生きがい

今までずっと積み上げてきた信頼と実績。

信頼を得るには時間がかかるが、失うのは一瞬。

よく言われること。

今回は信頼を失うほどまではいかずに済んだのは幸い。

でも自分の忘れっぽさが招いたこと。

忘れっぽさが嫌になる。

今回私の忘れっぽさにより招いたこと。




美容院に15分遅刻した。

やってもうたーーーー!!

えっ?

それだけ?

それだけですけど?

でも20年時間は守ってきた歴史を途絶えさせてしまったくやしさよ。

22歳の社会人デビュー直前から41歳の今日までずっと私の髪を切ってくてくれた美容師さん。

店舗が移動になっても自分の店を出している今もずっとお世話になっている。

そして私が時間をきっちり守ってきた理由。

髪って急に切りたくなりません?

急に今日切りたいって思ったりしません?

予約をねじ込んでもらうためには想定通りにカットが進む信頼感が必要。

この隙間時間なら切れるけど、逆に言えばこの時間でしか切れない。

でもこいつならその時間に切れる。

そういう信頼感が必要。

なので、急にお願いすることもあるけど、時間だけはきっちり守る。

これが私と美容師さんの築いてきたもの。

今ではカット後に次回予約をする形にしたので急な依頼をすることは減った。

ものの。

やっぱり1週早くしたいって思って変えてもらうこともちらほら。

そんな関係を続けたきったってのによー。

遅刻の理由はパーマをかける&携帯の忘れ物。

片道10分ちょっとの美容院。

予約時間は9時。

8時45分に家を出る。

最寄りのファミマで朝ごはんのホットカフェラテを購入しようとしたところ、携帯を持っていないことに気が付く。

しもた・・・

とりあえず会計は現金で済ます。

そのまま美容院行けば間に合う。

間に合うんだから携帯なんて持たずに行けばいいっちゃあいい。

でもないと困ることもいくつか。

・美容院のパーマ時間中に連絡しないといけないことがある
・パーマ時間待ち中にブログを書きたい(これは出来れば)
・次回予約をするのにスケジュールを確認したい

家に取りに帰ってから美容院に行くとおそらく遅刻は15分。

美容院の電話して遅刻の旨と問題ないかを確認。

15分くらいなら大丈夫と了承を得て一旦帰宅。

本当は嫌でも大丈夫って言うでしょうけど。

そして帰宅途中に気が付く。

カフェラテ入れてねぇ・・・

紙コップを180円で買ってきた状態。

なんて忘れっぽいんだ・・・

引くわ。

携帯を忘れて家を出て、カフェラテを入れずに家に戻る。

携帯を持って家を出るとき、美容院でカットしてもらっているとき、どちらにも同じことを言われる。

「遅刻初めてじゃない?」

信頼と実績を感じた瞬間でもあり、継続記録を途絶えたくやしさを感じる瞬間。

終わったことは仕方がない。

次からは忘れ物をどう防ぐか、また遅刻しないで通い続ける、この二つをやるだけ。

今日は美容院に15分遅れただけって話。

誰にでも1回くらいはあるでしょう。

幸い他のお客さんへの工程には影響が出ずに済んだご様子。

出ても言わないでしょうけど。

そんな話で話を膨らませた記事。

大したことがないと言えばたいしたことはない。

でも20年も続けてきたのになーっていうくやしさ。

夫婦でも仕事でも信頼と実績は大事。

信頼と安心が世にあふれることを願って。

それでは See You!

最後までお読み頂き嬉しいです。

心優しきあなたにお願いがm(_ _)m

下の【家庭・家族】をぽちっと

して頂けるとランキングが上がり

心躍り鼻の穴が膨らみます。

ブログ村サイトに飛んじゃいますが

応援して頂けると嬉しいです(*’ω’*)

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生のテーマは【やりたいことを やりたいうちに】家訓は【遊び心を忘れない】三姉妹の父として楽しく・豊かに・快適に暮らすため日々模索中。育児の日々をちょっと笑えてちょっと役に立つよことを信じて日々発信中。

目次
閉じる