MENU

学校に通う意味ってなんだろうって考えてみた

どうも! 
夫婦ケンカ0継続中が自慢の三姉妹の父マルメです!

学校に通う意味って何だろうって考えてみると一言で言えばこうなるのかなと思いました。

【人生を豊かにするため】

子供の質問あるある。

学校に行く意味あるの?
なんで勉強しないといけないの?
勉強が人生の役に立つの?

こんな質問が来た時に、子供と話しをしたいなと思っています。

目次

選択肢

学校に行く理由は人生を豊かにする事だと思う。

その方法のひとつが人生の選択肢を広げる事。

お医者さんになりたい人が大工さんに方向転換は出来る。

でも大工さんを目指してた人がお医者さんを目指すのは大変。

試験を受けるためにまず医学部に入らないといけない。

急に医学部を目指しても合格は難しい。

大工さんも手先の器用さなどがないともちろん出来ない。

でもやりたい気持ちだけで挑む事は出来る。

やりたいだけではやれないことには勉強が絡むことがある。

医者や弁護士のように前提条件をクリアするためにはどうしても勉強が必要。

だから一番選択肢がある人は医者や弁護士を目指せるほどの学力がある状態だと思う。

そういう人生の選択肢を広げる場所が学校だと思う。

友達

ありきたりでもやっぱりこれ。

友達を作る場所。

やっぱり心が通じ合う友達がいた方が人生が豊かになる可能性が高いと思う。

学校は沢山の人と会える場所。

みんなそれぞれ個性がある。何が良くて何が悪いということでもない。

でも合う合わないという相性はある。

学校に通っていたら色んな個性の子達と触れることが出来る。

その中でどんな子が自分には合うのか合わないのか知ることが出来る。

苦手な子、嫌いな子もいるかもしれない。

でもそういう個性の子は苦手なんだと知ることが出来たという事。

それが分かったならそれはそれで良いこと。

これからの人生でそういう人にはあまり深く関わらないように出来る。人間関係で悩まないように予防できる。

そして気の合う友達の重要性にも気付ける。

だから色んな個性の子達と触れておくことはとても大事だと思う。

体験

学校の授業や行事を通じて色んな体験が出来る。

勉強は特に日常生活では触れないことに多く触れることが出来る。

それが嫌なものかもしれないし、とても興味を持つことかもしれない。

経験したから分かること。まずは経験をするってことが大事。

図工でも家庭科でも体育でも学校で体験したことの何かひとつでも興味をもつものに触れることが出来たらいいなと思う。

最後に

学校は人生を豊かにするために行った方が良い場所だと思う。

でも行くことで豊かどころかつらくなるなら行かない方が良いと思う。

長女は先月、学校に行きたくなくて行きたくなくて。

学校を休むかどうかは一時の事だけで決める訳にもいかない。基本的には頑張っていってほしい。

ギリギリの登校を続けてきた長女。次第に良くなってきました。

学校では普通に過ごし、楽しく遊んでいる姿が見られることを先生から聞いています。

そういう姿が見られないなら、無理矢理学校に行かせることでどんどん塞ぎ込んでしまうかもしれない。

そうなったらきっと自分の気持ちを押し殺してしまうと思います。

そんな状態で学校に行き続けることで塞ぎ込む人生になってしまうなら、人生を豊かにするどころか、つらい人生にしてしまう場所になるかもしれない。

学校に行くのか行かないのか。

それは学校を卒業しても続く長い人生を豊かに生きられる方はどちらか、それを考えて決めていきたいと思っています。

人生を少しでも豊かに生きていってほしい。そして自分も豊かに生きたい。

長女の不登校問題がなければここまで考えることはなかったでしょう。

考えるきっかけをくれたと考えれば、長女の不登校問題は良かったことだったのかもしれない。

問題が起きても、それによる気付きが得られるかもしれない。問題が起きることは悪い事ばかりではない。

子供達が人生を豊かに生きられるようになることを願って。

それでは See You!

最後までお読み頂き嬉しいです。
心優しきあなたにお願いがm( _ _)m
下の「女の子育児」をぽちっと
していただけるとランキングが上がり
心躍り鼻の穴が膨らみます。
ブログ村サイトに飛んじゃいますが、
応援していただけると嬉しいです^ω^
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生のテーマは【やりたいことを やりたいうちに】家訓は【遊び心を忘れない】三姉妹の父として楽しく・豊かに・快適に暮らすため日々模索中。育児の日々をちょっと笑えてちょっと役に立つよことを信じて日々発信中。

目次
閉じる