MENU

廃材の木パレットでおうち作り【秘密基地の思い出に】~前編~

どうも! 
夫婦ケンカ0継続中が自慢の三姉妹の父マルメです!

わがままなお施主様から2階建てのおうちを作れとご要望がありまして。

いっちょやってみっか!

ということでこのお正月休みに義父の力を借りておうち作り。

目次

満足度不足

10月に段ボールでおうちを作ったんです。

現在の段ボールハウス。入居条件が厳しくなっています。

段ボールと言っても、まぁまぁちゃんと作ったんですけどね。

段ボールハウスの納品ではご納得いただけなかったご様子。

その時の模様はこちら。

お施主様はとにかく二階に上がりたいというご要望。

段ボールの上には流石に乗れません。

ちなみにお施主様のご希望のおうちはこちらの図面に↓

分かるかー!!!!

材料と道具集め

私の妻の実家は農家なんです。

しかも地域の中では作付面積が広い方。

色んな資源や機械が手元にあるのです。

余っている木のパレット。

大きさもバラバラですがこれを使うのが一番簡単に出来そう。

邪魔な時はリフトで移動できるという大人の都合のよさもあり、パレットハウスで即決。

床も外壁も屋根も全てパレットで作っちゃいます。

釘や丸ノコ、インパクトドライバーも義父が持ってきてくれました。

普通の家にはこんなに機械や材料がないので遊びに本気の道具を使えるのでめちゃくちゃ有難い!

着工

特にどうってこともないんです。

ただパレットをくっ付けていくだけと言えばそれだけ。

問題はパレットが同じサイズではないこと。

とりあえず同じものや近いサイズで床や屋根、壁の位置、パレットの向きなど、どこにどう使うのか決めてから釘を打ち込んでいきます。

腰袋も貸してくれたものだからちょっと職人気分の私。

本腰

とりあえず壁を付けていけばいいやと思っていたけど強度が気になる。

義父からもアドバイスをもらいながら補強を考える。

こうなってくると真剣になってくる私。

板を切って壁同士を釘で止めることに。せっかく丸ノコもあるから使わにゃ損。

そして補強。

屋根用のパレットを乗せる高さが合うように角材を切って高さを合わせて打ち込む。

そして乗せる。

出来てきたよーー!!!

いつの間にやら

だいぶ出来てきたなーって頃。

そういえば手伝ってくれていたじいじの姿が見えない。

いもパーティーしとるやないかい!

さつまいもを炒める娘たち。

いかつい可愛さ。

お正月食べてばっかりと言いながら食べる義姉。

そ…

そっち側楽しそうだな…

子供達と写真撮ってくれるというので三人で並ぶ。

そして「ハイチーズ」というと次女が急に私の肩にもたれ掛かる。

キュン死にしそうなんですけど!

なんといういかつい可愛さ。

そういう事がナチュラルに出来ればモテるぞきっと!

武器だね!

もはや兵器だね!

再開

ここまで来たらあとは内装。

壁紙(段ボール)を貼りましょう。

サイズに合わせて切ったり折ったり。

ここから写真を撮るのも面倒になってしまう気分屋の私。

と言うよりもう疲れたからやめたい。

早く終わらせたい。

タッカーというデカいホッチキスのようなものを使い段ボールをパレットに打ち込む。

黒いきしめんみたいな紐を間に当てがってタッカーを打ち込んでいく。(段ボールの中に食い込んじゃうからだそうです)

完成する前から子供達が内装に落書きを始める。

でも暗くなって寒くなってきたので帰りたくなった子供達。

抱っこしてお家の中まで連れてってとせがむ長女。

途中でやめても良ければそうするよ?

と聞いたら即答で

やめないでー!

き…

厳しいな…

そして翌日撮影した完成品がこちら。

うん!

頑張った!

私頑張った!

でもお施主様はご不満のご様子。

階段がない!

滑り台がない!

まだまだ満足度が足りないようです。

消費者はいつだってワガママン。

結構大変だったのよ?

あなたにはしょぼく見えるのかもしれませんがね。

結構大変だったのよ?

あなたがさつまいも焼いて食べている間もせっせと作っていたんですよ?

という私の心の叫びはお構いなしのリアルな口コミ。

もう一日お正月休みがあります。

続きは翌日にするとしましょう。

という事で記事も後編に続きます。

続きはこちらです。

子供達と楽しい時間が過ごせる人が増えることを願って。

それでは See You!

最後までお読み頂き嬉しいです。
心優しきあなたにお願いがm( _ _)m
下の「家庭・家族」をぽちっと
していただけるとランキングが上がり
心躍り鼻の穴が膨らみます。
ブログ村サイトに飛んじゃいますが、
応援していただけると嬉しいです^ω^

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生のテーマは【やりたいことを やりたいうちに】家訓は【遊び心を忘れない】三姉妹の父として楽しく・豊かに・快適に暮らすため日々模索中。育児の日々をちょっと笑えてちょっと役に立つよことを信じて日々発信中。

目次
閉じる