MENU

子供と巨大段ボールハウスづくり

どうも! 
夫婦ケンカ0継続中が自慢の三姉妹の父マルメです!

段ボーラーになる覚悟は出来ていると豪語する義父。

自分のやりたいことをやってみて失敗して、ホームレス生活になったとしてもいいという覚悟を持っている義父。

いやいや。あなたは良くても家族にその覚悟はないでしょ。

でもそんな人の娘と結婚した私としては段ボールハウスのノウハウは持っておかなければ!

ということはないですが、子供達が段ボールでお家を作りたいって言うので一緒に作りました。

目次

きっかけ

土曜日に1回目のハロウィンパーティーをした我が家。

そしてハロウィンパーティー後、長女の親友はそのままお泊まり。

そして日曜日の午前中に事件…

そんな時間を過ごしてからの日曜日の午後。

妻の実家で段ボールのお家づくり。

実際のお家づくりの記事もあるのでこちらもどうぞ。

家づくりへ

家づくりに欠かせない部材の調達のためにじいじの家に。

珍しく歩きたいという長女。みんなで歩いていきました。

市内のはずれの方の農家地域。のどかですねー。

歩いている途中で疲れたという長女。全然疲れてないという長女の親友。体力と気力の差が歴然。

無事じいじ宅に到着。

今回のお施主様は夢のマイホームを詰め込んだお家をご希望。

構造なんてお構いなし。

ただただ夢に向かってまっしぐら。

消費者はいつだってワガママン。

頂いた設計図はこれ。



分かるかー!

営業はどんな打ち合わせしたんじゃい!

もうどこがどう繋がっているのかも分からない。

そして2階も作ると…


それはムリーー!

お客様強度が足りませぬ!

そしてどう考えても3部屋くらい必要な言いっぷり。


それもムリーーー!

1ルームで無理矢理ご契約。マルメ工務店の実力の限界です。

家づくり

農家のじいじの家にはでっけー段ボールがたくさん。

子供の身長以上の大きさです。

とりあえず組み立てていきましょう。

大きい段ボールのおかげで大きな家が作れる。子供が立ったまま段ボールハウスの中で遊べる。

大きい分…強度が…

壁がベインベインしてる…

補強が必要という事で何回も折り曲げた段ボールで補強を。

角は折り曲げたアングルのような形で補強。

そんなことをしていたら、窓や扉を付けて欲しいという要望にじいじが応えている。

こういうときのじいじは積極的に参加してくれる。

窓は切っただけだから簡単。

扉は取って付きで作ってる。

長女が入れば次女も侵入。

あたぼーです。

ちゃんと扉の横にも補強をしておきました。

室内は子供達がDIY。

2階建て要求

形にはなったんで終了でもいいかなって思ったんです。

でも2階建ての夢が再燃。

だーーかーーらーー


それはムリーーーー!

仕方がないので屋根だけはつけましょう。

この大きさになると屋根もただ段ボールを載せても垂れ下がってきちゃうんですよお客様。

マルメ工務店は以前失敗した経験があるのでノウハウを得ています。

梁をつけるしかねぇな。

ってことで端と補強をした中央に梁を。

そして屋根を載せる。

完成です。正面からはこう。

作りたいという子供の要望に応えたつもりですが、子供たち全然作ってないし!

ほぼ一人で作ったし!

これで将来お金に困って段ボール生活になっても困らないノウハウが手に入りました。

有事の際には乗り切れそうです。

乗り切れそうどころか段ボーラー界では上流階級。

周りの家を見下してやろうかと思います。

廃材で楽しく遊べるのって一番良いことだなって思います。

子供達との思い出を上手に作れる事を願って。

それでは See You!

最後までお読み頂き嬉しいです。
心優しきあなたにお願いがm( _ _)m
下の「女の子育児」をぽちっと
していただけるとランキングが上がり
心躍り鼻の穴が膨らみます。
ブログ村サイトに飛んじゃいますが、
応援していただけると嬉しいです^ω^
にほんブログ村 子育てブログ 女の子育児へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生のテーマは【やりたいことを やりたいうちに】家訓は【遊び心を忘れない】三姉妹の父として楽しく・豊かに・快適に暮らすため日々模索中。育児の日々をちょっと笑えてちょっと役に立つよことを信じて日々発信中。

目次
閉じる