MENU

【胃がん検診】久しぶりの胃カメラ

どーも!
マルメです!

今年で40歳になる私。

市からがん検診の案内が来ていたので受診することに。

私が書いています
  • 三姉妹(小2・年少・2歳)の父
  • 夫婦ケンカ0が自慢
  • 家訓は【遊び心を忘れない】
  • 占いによるとクソ真面目な子煩悩
  • だけど笑わせることが生きがい

現在8月末まで有休消化中の私。

こういう時間を利用しないと検診とか面倒で行く気にならない。

という事でせっかくの制度を利用して検査してもらおうと。

検査日を予約してコロナ拡大中で忙しそうな内科へ。

市の検診では胃カメラで見るだけで何か見つかっても何もできないと看護師さんから説明をいただく。

少し切り取って採取して検査する場合は保険適用で市の検診とは別料金とのこと。

市の補助でやってくれるからありがたいけど、それはそれでどうなのかと・・・

胃カメラを実施して何か見つかる人がどれくらいの確率でいるのか次第だけど、悪いところが見つかったならある程度の処置が出来るとさらに良いなーなんてちょっとした違和感を覚える。

そんな説明を頂き署名する。

そしてその間に準備してくれていた胃カメラの準備が終わり、胃カメラ室に呼ばれる。

そして胃カメラができるように麻酔の処置。

今回は鼻から胃カメラを入れることにした私。

どこが良いって聞かれても分からない。

前回鼻からやっていたので今回も鼻からを選択。前回一番楽って言われていたような気がするから。

という事で鼻に麻酔開始。

まずは箸の太さくらいのスプレーノズルを鼻の奥まで入れて噴霧。

2分後、マックシェイクのストローくらいのチューブのようなものを鼻の奥まで入れてジェル注入。

喉の方まできたら飲んでくださいってことでゴクリ。

しばらくすると喉の方まで腫れてくるような感じ。

麻酔効いてきたって感じ。

そして麻酔が完了して先生登場。

ここの先生は優しい小柄なおじさん。

話し方はとても優しく小声で早口。

ちょいちょい何言ってんのか分かんない。

その先生が優しく声掛けしてくれる。

上手にやるからねー。

安心して力抜いてねー。

鼻から入れるからねー。

ゆーっくりゆーっくり入れていくからねー。

上手だよー。すごく上手だよー。

じゃあ一回ごっくんしてねー。(カメラをスムーズに入れるためらしい)

上手だよー。

上手だよー。

上手だよー。

上手だよー。

上手だよー。

上手だよー。

音声案内か?

ずっと言うじゃん。

50歳くらいのおじさんが鼻から胃カメラを入れられて口からよだれを垂らしている40歳のおじさんをずっと褒める。

そんな年齢でもないぜ?

でも意外と悪くない。

なんならちょっと嬉しい。

多分一年分以上の上手だよーを言われた気がする。

上手だよーって言ってもらいながら胃カメラは胃の内部を隅々まで確認。

先生は気が付いているのか分からないけど、所々で鼻フックくらい鼻が広がってちーと痛い。

鼻フックによだれ。

まぁまぁの絵面。

そんなこんなで胃カメラ終了。

2時間は飲食できないってことでお昼ご飯まで飲食お預け。

たぶん先生は胃カメラ上手。

たぶん。

あんなにやさしく褒めながら胃カメラやってくれる先生はこの人だけでしょう。

ということで胃カメラ上手。

しばらく麻酔の感じが残っていたり胃がちょっとムカムカする感じがあったりしましたが特に問題なく終了。

胃がんもピロリ菌もなく問題なしとの診断ももらって一安心。

ついでにγ-GDPの値が激高なので血液検査とエコーの予約と大腸がん検診用の容器をもらってこの日は終了。

それにしても病院がいつもよりも忙しそう。

コロナの疑いのある方は車で待機としてもらっての対応ということもあり電話もひっきりなし。

そんな忙しい状況で診察してもらうのも忍びないですが、私の事情もあるのでお願いするしかないですね。

自分の健康も世の中のコロナも良い状態が続いて欲しいものです。

少しでも長く元気に過ごせる人が増えることを願って。

それでは See You!

最後までお読み頂き嬉しいです。

心優しきあなたにお願いがm(_ _)m

下の【家庭・家族】をぽちっと

して頂けるとランキングが上がり

心躍り鼻の穴が膨らみます。

ブログ村サイトに飛んじゃいますが

応援して頂けると嬉しいです(*’ω’*)

にほんブログ村 家族ブログ 家庭・家族へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

人生のテーマは【やりたいことを やりたいうちに】家訓は【遊び心を忘れない】三姉妹の父として楽しく・豊かに・快適に暮らすため日々模索中。育児の日々をちょっと笑えてちょっと役に立つよことを信じて日々発信中。

目次
閉じる